山梨県の新築住宅・リフォームなら地元工務店の『山本建築工業』へ

山梨県の工務店・住宅の 「山本建築工業」は自然素材で住宅の設計・施工している会社です。新築からリフォームなど住まいの事についてはおまかせください。

TEL.055-233-8873

〒400-0032 山梨県甲府市中央5-2-6

ブログ
山本建築工業のブログです。

ブログ一覧

山梨の近代化遺産で国の有形登録文化財『旧上九一色郵便局』

旧上九一色郵便局は、山梨の近代化遺産に入っています。

国の登録有形文化財にもなっております。

細い道を入った所にあるので、初めての人にはわかりにくいとおもいます。

IMG_0012IMG_0036

入り口の飾り板は、〒マークがついています。

IMG_0013IMG_0015

 

IMG_0028IMG_0031

違う方向から見た外観です。

IMG_0032

建物の前には道祖神が祀られておりました。

昨年12月の住宅新聞に当社の取組が載りました!!

IMG_0012

当社は、20年以上前から、高気密・高断熱住宅に取組んでおりました。

近年その性能が数値化され、お客様に選んでいただく基準が見える化したため高性能な家をお求めの方には喜ばれております。

20年以上前に高気密・高断熱住宅は、息苦しいだの、いやな臭いが家中漂うなどの、誤った考えを持つ住宅業者が沢山おりました。

今だって、そんな事を言っている業者がたくさんおります。

若い方は、断熱材が入っていればどの家も同じだと思われるかもしれませんが、その性能は全然違います。

当社が忙しい時にお手伝いしていただいている大工さんは、ベンツと普通車また軽自動車くらいの差があるねと言っていただいております。でも当社では、若い方でも頑張れば手に入れられるような価格設定もあります。

家の中に温度差があると、暖かい部屋から出るのが嫌になりますし、暖かい部屋から冷えた廊下やトイレ・お風呂は高齢者にはとても体に負担がかかります。

年をとればとるほど、寒さ・暑さへの対応力が弱くなります。

若い時に建てられる家でも、年を取られてからでも安心・安全に暮らせる家造りをお勧めさせていただいております。

 

日本でも有数な在庫を誇るアンティーク家具KENT見学に行ってきました。

img_0098

KENT入り口です。

img_0102

中に入るときれいになったアンティーク家具がお出迎えしてくれます。

img_0105

イギリスのアンティーク家具が95%くらいあるそうです。

img_0171

倉庫には、まだ修理されていない家具が沢山積まれておりました。

ランチは海辺のお店です。

img_0234

午後1時過ぎているのも関わらず車が沢山とまっていました。

img_0199

女子には嬉しい色々な味が楽しめるお皿です。

img_0206

img_0209

img_0217

img_0218

どれもおいしかった(^^♪

これにフリードリンク

デザートが付きます。

6人で6種類をシェアして大満足でした。

 

災害時に備えて小さなお子様のいるご家庭の方パッククッキングおぼえませんか!

IMG_4562

我が家にも、小さな子供が二人います。どんな状況でも腹が減れば大騒ぎをします。

大きな地震が起きた時に、どうやって食べさせてあげますか?避難所に行けば何とかなる?熊本地震の時には水がすぐには届かなかったそうです。やっと来た水をもらうのに何時間も並ばなければいけなかった!やっと届いた食料も何位時間も並び、やっと朝おにぎり一個・昼菓子パン一個・夜も菓子パン一個そんな生活が何日も続いたそうです。

そんな時にパッククッキングを知っていれば、あなたの冷蔵庫の中のものを使ってカセットボンベで調理できます。

水は貴重ですので、洗い物を出さないパッククッキングが最適な調理方法になります。

IMG_4562

お鍋にお水を入れて沸騰させます。

沸騰したら弱火にして30分くらいお鍋の中でゆでます。

IMG_4570

ニンジンやカボチャは薄く切って袋に入れ空気を抜いて袋の上部を固くしばりゆでます。

野菜の美味しさが味わえます。

IMG_4572

ご飯は、基本米60グラムに水90ccですが、柔らかいのが良ければ水を多めにすればOKです。やはり空気を抜いて上を固く結んでつけ置き30分、お湯に入れて30分でできます。

私はわかめご飯のもとを振りかけて食べてみました。とてもおいしく出来ました。

キャンプでも応用できますよ(^◇^)

洗い物なしでお手軽です。

問題の起こりそうな土地

お客様から、自分のほしい地区に土地が売りに出されたとのご連絡をいただきました。

公図を見ると一見よさそうな感じでしたが・・・1・・

現地を見に行ってビックリ(@_@。

 公図上道路に敷地が接していないはずの裏の家の人が、敷地内を通路として通行している!

 裏の家の上下水・ガスが敷地内を通っている。

 裏の家の屋根が敷地に食い込んでいる。

 裏の家の水道メーターが敷地に立っている。

 上水は裏の家だけではなく、道路に接している隣の家やその他数件が使用しているので、老朽化して水漏れが生じたら問題が出てくるのは必須でした。

その他諸々あり、住んでからのトラブル発生が目に見えているので、場所的には良かったのですが今回は見送りとなりました。

皆様も土地を選ばれる時には、よく調べてからお買い求めください。

このような重要事項を調べない不動屋さんもいます。

こちらが色々聞いてからでないと調べないなんて(# ゚Д゚)

古くからある町でしたので、皆さんなあなあでやってこられたようですが、いざ売却の時にはとても売りにくい物件となります。

お気を付けください。